このエントリーをはてなブックマークに追加

無知からスタートでも可能

集合住宅

事情説明が最も大切

借地権に関してのトラブルはしばしば起こりますが、自分が借地についてよく知らないままトラブルに対処しなければならない場合もあります。相続が発生したときや突然更新を求められたときなど、様々な状況でどのような形で対処しなければならないかがわからなくなるかもしれません。たとえほとんど無知という状況であっても、プロに相談すれば解決に向かうことができます。スタートになるのはプロとして頼る相談先を選定して連絡を取ることです。無料相談を行っている専門業者が多いのでまずはそこから始めてみると良いでしょう。電話やメールなどで連絡を取ると面会の時間調整を行って具体的な話をすることができます。本当に何もわかっていないという状況であっても、まずはそこでトラブルの全体像を理解させてくれるでしょう。その上で借地やその権利などについてどうしたら良いのかについての具体案を提示してもらうことができます。この際に重要になるのはなぜ相談しなければならないような状況に陥っているかを具体的に説明することです。事情を理解してもらわなければ適切な対策案を示してもらうのは難しいでしょう。借地についてそもそも知らないのならその事情を話すことから始まりますが、借地している土地の利用に関するトラブルであれば契約書などを持参して参照して確認を求める必要があります。状況に応じて必要な書類なども異なるため、最初に連絡を取ったときから事情説明を大切にしましょう。